未熟児がかかりやすい病気

慢性肺疾患|未熟児がかかりやすい病気

慢性肺疾患

呼吸器をつけることで発症?

自発呼吸のできない子は呼吸器をつけることになりますが、この呼吸器が慢性肺疾患を起こす要因のひとつと言われています。

呼吸器は管を気管に挿入し、肺に直接的に酸素を吹き付けることで、体内の酸素量をコントロールする器具ですが、この酸素を吹き付けることにより、肺が繊維状になって厚くなり、膨らみにくくなってしまいます。すると呼吸する力のない子は厚くなった肺を広げられずに、うまく呼吸をすることができません。これによって呼吸器の期間が長引き、余計に慢性肺疾患を引き起こします。

大きな風船を膨らます時に一番最初がとても大変なことと同じような原理だそうです。

超低出生体重児においては50%以上の確率で起こり、1000gを超えると13%程度と少なくなってきます。また、出生前の胎内感染や出生後の感染でも発症することがあります。

そもそも膨らみにくい!肺サーファクタントとは?

早産で産まれた子には萎んだ肺を膨らませる肺界面活性物質の肺サーファクタントが欠乏していたり、まだできていないことがあり、その場合には一度萎んでしまった肺を自身でふくらますことができません。このため人口肺サーファクタントを投与する、サーファクタントができるのを待つ、またステロイドを投与することがあります。肺サーファクタントは胎在34週頃から作られ始めるため、36週頃に出産した児には肺疾患、呼吸急迫症候群は余りみられません。

早くに産まれてしまう場合には、出産前に母体へステロイド注射をすることで肺の成長をうながすことがあります。

ママ
私も出産前にステロイドを打ち、ひのくんも生後割とすぐの段階でステロイドを投与しました。

呼吸がうまくできない呼吸急迫症候群は肺サーファクタントと大きな関係があり、在胎28週で出産した場合に70%、30週で55%、32週で35%、34週で20%と週数が大きく関係しており、36週以降の出産ではあまりみられません。

肺のレントゲンを取ると白く映る

レントゲンでび慢性不透亮像、泡沫状陰影など明らかな異常が見られる場合は慢性肺疾患としています。説明がわかりにくいのですが、健康な肺はレントゲンを撮っても透明になります。しかし慢性肺疾患の場合には白っぽく映り、繊維状の線のようなものが見えます。程度により白さが違います。

呼吸器が日齢28日を超えて続くものを慢性肺疾患と診断します

繊維状になった慢性肺疾患は一生治ることがありません。

しかし体が成長してくると自身で呼吸をする力も強くなるため、経過は良好なことが多いとのことです。

パパ
ひのくんは抜管まで2ヵ月と少しかかっていましたが慢性肺疾患の告知はありませんでした。慢性肺疾患の診断は病院によってグレーゾーンであり、どの状態で伝えられるかは病院によって違います。手術転院してそれらのことなども伝えられ、初めて病院ごとの違いを経験しました。

どうなるの?

多呼吸、陥没呼吸、チアノーゼなどの呼吸障害が起こります。多呼吸は、呼吸時に肺をしっかりと膨らませることができず、苦しくなるために呼吸数が多くなります。陥没呼吸は喉の下辺りの胸が陥没します。これは腹式呼吸ができず、胸で呼吸をしてしまうためです。大人が走った後に肩で息をするような状態に似ていると思います。陥没呼吸が続き、チアノーゼなどの症状が出た時には注意してください。

呼吸がうまくできない子はチアノーゼの症状が出やすく、唇の周りが青くなるかが一番わかりやすい判断材料といえます。目の周りや鼻の上辺りも青く見えることがありますので観察をしていればすぐにわかります。

どの症状にしても酸素をうまく取り込めていないことによって引き起こされますので、観察が必要です。

パパ
ひのくんも抜管後は多呼吸が見られました。出産予定日を2週間超え、体重も2,200gとなった現在は時々陥没呼吸が見られ、時折多呼吸も併発する状況が続いています。するとサチュレーション(血中酸素量の測定値)が下がってきます。チアノーゼも時折見られ、どうしても値が戻らない時には口から離れた箇所から酸素を流し、少しだけ吸わせてがサチュレーションが上がるのを待ちます。

慢性肺疾患その2へ続きます

Toru Matsura

投稿者の記事一覧

2015年15月874gの息子(ひのくん)誕生。子育てに奮闘中。猫命。中学校の英語の先生がマツウラでMatsuraと書いていたので真似して使い続け、今に至る。

関連記事

  1. 臍ヘルニア 臍ヘルニア|未熟児がかかりやすい病気
  2. 未熟児網膜症 未熟児網膜症 その3|未熟児がかかりやすい病気
  3. 黄疸 黄疸|未熟児がかかりやすい病気
  4. 未熟児網膜症|未熟児がかかりやすい病気 未熟児網膜症|未熟児がかかりやすい病気
  5. 呼吸窮迫症候群 呼吸窮迫症候群|未熟児がかかりやすい病気
  6. 幽門狭窄症 幽門狭窄症|赤ちゃんがかかりやすい病気・症状
  7. 動脈管開存症 動脈管開存症 その2|未熟児がかかりやすい病気
  8. 動脈管開存症 動脈管開存症|未熟児がかかりやすい病気

PR記事

  1. パルシステム
  2. 家事代行
  3. 学資保険

お金・保険

  1. 養育医療制度
  2. 学資保険

病気・経過

  1. 幽門狭窄症
  2. 乳児湿疹
  3. 臍ヘルニア
乳児湿疹にはビーソフテン!こっそり大人の究極美容コスメにも変身!
  1. 未熟児や細い子、小さい子には肌着タイプの洋服がオススメ!お股を留める服はいいサイズで着させにくい
  2. GCUのコットを再現しやすいコンパクトベッド!ベッドインベッドとしても使えて赤ちゃんの居場所が定まる!
  3. パルシステム
  4. ミルクを飲まない!そんな時は哺乳瓶の乳首のサイズ確認!育児が変わるほど大切
  5. 関節が固い赤ちゃんに病院のリハビリストレッチ!ポイントは腕W足M!おすわりや歩行を促す♪
  6. お風呂は二つ用意して!沐浴が劇的に楽になるGCUでの実践方法!
PAGE TOP