未熟児がかかりやすい病気

黄疸|未熟児がかかりやすい病気

黄疸

かなりの確率で治療?

早産児のほとんどは黄疸の治療をします。通常で産まれた新生児も産後2、3日は黄疸の症状が出ることは珍しくありません。

黄疸は血中の赤血球が分解される際にビリルビンという物質ができることで発症します。ビリルビンは黄色い色素を持っているため、皮膚や粘膜、白目などが黄色っぽくなってきます。

ビリルビンは肝臓で処理されますが、赤ちゃんは産後に分解が始まるため、処理が追いつかず黄疸の症状が現れます。多くは生理的な現象なので数日で治りますが、未熟児の場合、血中のビリルビン値が下がらない場合は光線治療が行われます。

黄疸の種類

早発黄疸

生後24時間以内の黄疸

生理的黄疸

生後2日~2週間程度の黄疸

遷延性黄疸

生後2週間以上の黄疸

未熟児・低出生体重児では遷延性黄疸が見られることもありますが、2週間以内で治まることも多いです。

光線治療

青色と緑色があり、光線治療には保育器の上から照射するタイプと、赤ちゃん自体を包むタイプ、光が透過するお洋服を着させて照射するベッドタイプがあります。昔は黄疸には日光を当てるといいと言われており、少なからず日光を当てることでビリルビン値が下がることが確認されていますが、しっかりと光線を当てた方が経過が良好なため、日光ではなく蛍光灯かLEDでの光線治療を行います。光線治療時には血液検査をすることにより、ビリルビン値を確認します。落ち着いてきたら光線治療を中断しますが、値が戻るようであれば再開します。

パパ
ひのくんは上から照射する青い光のタイプで何度も中断、再開しましたが、出生1ヶ月後位には落ち着いて光線治療を終えることができました。他の子では包む緑色のタイプで治療を行っている子も見られました。目を守るためにアイマスクをしておむつ一丁です。この治療時はまだ洋服を着ていなかったこともあり、おむつ一丁の姿に違和感はありませんでした。

黄疸が続くと怖い

黄疸は新生児を始め、ほとんどの未熟児・低出生体重児に現れるため、親の立場としては他にも怖い病気が沢山あるので、それほど危険視しないところですが、長引いて黄疸の症状が引かない場合にはリスクが出てきます。

黄疸が続くと脳神経細胞を損傷する核黄疸を引き起こす場合があります。意識障害、続いて脳性麻痺、その後には命に関わってきます。

核黄疸

通常はビリルビンが沈着することのない脳の中枢神経核、延髄の神経核にビルビリンが沈着するために起こります。

時間が経つと神経細胞が壊死し、脳性麻痺を引き起こします。

意識障害を起こすほどの状態になると3日から1週間で脳性麻痺が現れますのでその前までの治療が重要です。

治療

光線治療でビリルビン値が下がらず、重度の高ビリルビン血症となった場合には輸血による血液交換を行います。一定量の血液を抜き、血液提供者の血液を輸血します。血圧や心拍数、サチュレーションとしっかりとした管理下で行いますので多くの場合は問題が起こりません。輸血時には必ず注意事項として説明される、感染のリスクがあります。

多くの場合問題の起こりにくい黄疸ですが、後遺症などのリスクもありますので、しっかりと治療していただきましょう。(NICU、GCUにて医師がしっかりと対応してくれます)

Toru Matsura

投稿者の記事一覧

2015年15月874gの息子(ひのくん)誕生。子育てに奮闘中。猫命。中学校の英語の先生がマツウラでMatsuraと書いていたので真似して使い続け、今に至る。

関連記事

  1. 未熟児貧血 未熟児貧血|未熟児がかかりやすい病気
  2. 未熟児網膜症|未熟児がかかりやすい病気 未熟児網膜症|未熟児がかかりやすい病気
  3. 脳室内出血 脳室内出血|未熟児がかかりやすい病気
  4. 呼吸窮迫症候群 呼吸窮迫症候群|未熟児がかかりやすい病気
  5. Dry Lung症候群 Dry Lung症候群|未熟児がかかりやすい病気
  6. 未熟児網膜症 未熟児網膜症 その3|未熟児がかかりやすい病気
  7. 慢性肺疾患 慢性肺疾患|未熟児がかかりやすい病気
  8. 幽門狭窄症 幽門狭窄症|赤ちゃんがかかりやすい病気・症状

PR記事

  1. パルシステム
  2. 家事代行
  3. 学資保険

お金・保険

  1. 養育医療制度
  2. 学資保険

病気・経過

  1. 幽門狭窄症
  2. 乳児湿疹
  3. 臍ヘルニア
乳児湿疹にはビーソフテン!こっそり大人の究極美容コスメにも変身!
  1. 未熟児や細い子、小さい子には肌着タイプの洋服がオススメ!お股を留める服はいいサイズで着させにくい
  2. GCUのコットを再現しやすいコンパクトベッド!ベッドインベッドとしても使えて赤ちゃんの居場所が定まる!
  3. パルシステム
  4. ミルクを飲まない!そんな時は哺乳瓶の乳首のサイズ確認!育児が変わるほど大切
  5. 関節が固い赤ちゃんに病院のリハビリストレッチ!ポイントは腕W足M!おすわりや歩行を促す♪
  6. お風呂は二つ用意して!沐浴が劇的に楽になるGCUでの実践方法!
PAGE TOP