教育(保育園・幼稚園)

未熟児は保育所に入れられる?入園できて良かったこと、困ったこと。

未熟児は保育所に入れられる?入園できて良かったこと、困ったこと。

未熟児は保育所に入れられる?

未熟児を出産しても働かなくてはいけない家庭もあります。でも未熟児は保育所に入れることはできるのでしょうか?

最初に答えをいうと、もちろん入れることはできます。未熟児であることが要因となって入れられないということは子どもの最善の利益に反し、権利を侵害しているといえます。なので普通に申込み、他の子どもと同じように順番待ちをすることになりますが、気をつけなければいけないことがあります。

ただし、敬遠されることがあるという声が聞こえてくるのも事実です。園の考え方もありますし、混雑状況もあると思いますが、未熟児だから入れられないということはありません。

未熟児の保育園における生活の実態

調査時期:平成11年12月~平成12年1月
対象児:13名 (盲児 1名、脳性マヒ 1名、軽い脳性マヒ 1名)
保護者:9名
保育園:12園

※「極低出生体重児の保育園における生活の実態調査の試み」より

保育園に通わせてよかったこと

  • 生活リズムが整い、生活習慣も身についた
  • 社会性、協調性が育ってきた
  • 友達の影響で、自立心や自分でできることが増えてきた

※「極低出生体重児の保育園における生活の実態調査の試み」より

園生活で心配なこと、困っていること(含過去)

  • 特にない→4/9 名
  • 離乳食の進み具合が他児と異なっていたので、特別な配慮をしてもらわねばならなかった事
  • 発達が遅れていることが十分理解されていない場合があった(食事面)。(→園側と相違)
  • 多少の病気でも登園させている家が多いので、すぐに風邪がうつり、治るのに時間がかかるので長く休まねばならないことの方が多い

※「極低出生体重児の保育園における生活の実態調査の試み」より

入園時の年齢

修正 6m10d~修正 2y10m8d (0歳台 7名、1歳台 2名、2歳台 4名)

保育場面で見られる児の様子について

a. 登園時:ほぼ全員が、園生活の経過につれで慣れていき、親との分離も安定してきている。
b. 午前の活動時:かみつきやハンディがあるため他児にいじめられた子どももいたが、保育士の仲介のもと、徐々に好きな遊びができるようになった子どもがほとんどである。
C. 昼食時:咀囑、嚥下の遅れた子どもが目立つ。しかし調査時点では他児と変わらない物を同量食べられるようになった子どもが多い。スプーンやフォークの使用などの技能の向上も見られる。
d. お昼寝時:個人差が見られたが、多くの子が徐々に一定時間眠れるようになっている。
e. 午後の活動時:着脱への関心や実行、他児とのやりとりの仕方の向上と増加、体が小さいためか、異年齢の子どもにかわいがられる子どもも多い。
f. 降園時:お迎えがくるとみんな喜びを示している。3歳近い子どもはもっと遊びたいという要求も出てきている。

※「極低出生体重児の保育園における生活の実態調査の試み」より

極低出生体重児が 0~1 歳で入園すると、極低出生体重児の発達特徴から、個別の対応が必要であることが分かった

このように、未熟児だから保育園に入れられないということはないが、実際には個別対応も必要であり、病気に対する免疫力、発達への理解度、食事への対応に特に困った、心配だったという声が確認されます。

このデータは平成11年12月~12年1月のデータですが、平成28年である今も未熟児医療の向上があっても、パパ、ママ、保育園での育児面ではそれほど大きく変わっていないといえます。

入園することで自立心、発達を促せる

良かったこととして、

  • 生活習慣、社会性、協調性を身に付けた
  • 自立心の向上

があります。また相反することとして、困ったこと、心配したことは、

  • 発達の理解、補助
  • 病気

良かったことを得るために、悪かったことのリスクを負うという構図が成り立つともいえます。良かったことの一部は家でもできることといえますが、社会性、協調性は集団生活の中で培われていくものです。相手の気持ちを考えたり、いう通りにばかりならないこと、周りと強調して行動するようになれることは家族の中では養われにくいことです。未熟児は内向的になりがちと言われていますので、早くに社会性、協調性身に付けることができるのも大きな利点だと思います。

また、これらは発達の理解、補助がなければ成り立たないともいえます。また、いじめられた子どももいたという点も気になるところです。それも原因はかみつきやハンディなど自分の娘、息子になってしまうことも。

正産期に産まれた子も同じようなことはいえますが、これらをリスクと捉えるか、チャレンジと捉えるかで大きく見え方は変わってきます。中でも一番気にしなくてはいけない点が病気だと思いますが、病気も、生死に関わらなければ免疫ができると考えられます。

「仕事をしたいから保育園に入れたい」は完全には当てはめられない

園生活で困ったことの中のひとつに以下のようなものがあります。

  • 多少の病気でも登園させている家が多いので、すぐに風邪がうつり、治るのに時間がかかるので長く休まねばならないことの方が多い

未熟児育児をされている方であれば容易に想像がつくと思いますが、低出生体重児は免疫力が弱い子が多く、慢性肺疾患などにかかっている場合には特に、風邪であっても肺炎など重症化しやすいといえます。つまり、「会社を休まなくてはいけない」期間、機会が正産期の子どもに比べて圧倒的に多いといえます。

入れる入れない、どちらにしてもそれぞれ良い点、悪い点がありますので、地域の保健師や保育園に相談してみたりするのもいいと思います。

Toru Matsura

投稿者の記事一覧

2015年15月874gの息子(ひのくん)誕生。子育てに奮闘中。猫命。中学校の英語の先生がマツウラでMatsuraと書いていたので真似して使い続け、今に至る。

関連記事

  1. 乳児湿疹にはビーソフテン!こっそり大人の究極美容コスメにも変身! 乳児湿疹にはビーソフテン クリーム!血行促進・皮膚保湿剤で、こっ…
  2. 乳児湿疹が治らない!洗顔から薬、ベビーローションまでおすすめの改善方法☆ 乳児湿疹が治らない!洗顔から薬、ベビーローションまでおすすめの改…
  3. 【完全版】赤ちゃん(未熟児含)の夜泣き対策!解決法・原因・注意点 【完全版】赤ちゃん(未熟児含)の夜泣き対策!解決法・原因・注意点…
  4. 未熟児サイズのオススメおむつ 未熟児サイズのオススメおむつ!ムーニー・メリーズ・パンパース・G…
  5. お風呂は二つ用意して!沐浴が劇的に楽になるGCUでの実践方法! お風呂は二つ用意して!沐浴が劇的に楽になるGCUでの実践方法!
  6. 小さな体の負担を減らす!赤ちゃんの上手なゲップの出し方 小さな体の負担を減らす!赤ちゃんの上手なゲップの出し方
  7. 未熟児・体の弱い子こそカンガルーケア!カンガルーケアで抵抗力がアップする秘密! 未熟児・体の弱い子こそカンガルーケア!カンガルーケアで抵抗力がア…
  8. 未熟児や細い子、小さい子には肌着タイプの洋服がオススメ!お股を留める服はいいサイズで着させにくい 未熟児や細い子、小さい子には肌着タイプの洋服がオススメ!お股を留…

PR記事

  1. パルシステム
  2. 家事代行
  3. 学資保険

お金・保険

  1. 養育医療制度
  2. 学資保険

病気・経過

  1. 幽門狭窄症
  2. 乳児湿疹
  3. 臍ヘルニア
乳児湿疹にはビーソフテン!こっそり大人の究極美容コスメにも変身!
  1. 未熟児や細い子、小さい子には肌着タイプの洋服がオススメ!お股を留める服はいいサイズで着させにくい
  2. GCUのコットを再現しやすいコンパクトベッド!ベッドインベッドとしても使えて赤ちゃんの居場所が定まる!
  3. パルシステム
  4. ミルクを飲まない!そんな時は哺乳瓶の乳首のサイズ確認!育児が変わるほど大切
  5. 関節が固い赤ちゃんに病院のリハビリストレッチ!ポイントは腕W足M!おすわりや歩行を促す♪
  6. お風呂は二つ用意して!沐浴が劇的に楽になるGCUでの実践方法!
PAGE TOP